【CORSAIR K65 銀軸 レビュー】銀軸でゲームに最適なゲーミングキーボード

こんにちは、もるがなです。

テンキーレスで高性能な「CORSAIR K65 CherryMX Speed」を買ってみました。

このキーボードあまりに高性能なのでプロゲーマーによく使用されています。

例で挙げるとR6Sで有名な野良連合の選手ですね。

1番好きなのはWokkaさんです。プロシーンを退いてしまいましたが…

これから詳細にレビューしていくのですが、感想を最初にまとめると

実際に使ってみての感想

  • キーストロークが浅いからゲームで有利
  • キーの反応速度が速い
  • 個人的に赤軸並みに静か
  • テンキーレスが快適

という感じでした。

テンキーレスという点で文字入力には少し不便がありますが、ゲームをプレイする点では最高ですよね!

それでは詳細にレビューしていきます。

CORSEIR K65のスペックや付属品、外観について

テンキー
キースイッチ CherryMX Speed(銀軸)
キー荷重 45g
アクチュエーションポイント 1.2mm
ストローク耐久 5,000万回
機能 アンチゴースト機能:対応

キーロールオーバー機能:対応

レポートレート:1000Hz/500Hz/250Hz/125Hz

windowsキーロック:対応

CORSEIR K65の付属品について

  1. キーボード本体
  2. 着脱式パームレスト
  3. 替えのキーキャップ
  4. 説明書など

FPS用のキーキャップはすでに装着済みですがMOBA用のキーキャップも付属は嬉しいですよね

CORSEIR K65の外観

実際に光らせてみるとこんな感じです。とてもかっこいいですね。

また本体がアルマイト加工されていて耐久性はもちろん高級感もあります。

キーボード本体右上にはメディアコントロールキーなどが配置されています。

キーボード本体の側面にはUSBパススルーポートとレポートレート切り替えスイッチが配置されています。

なおUSBパススルーポートを使用するためにはキーボードのUSBを2本接続しなくてはいけないので注意です。

裏面はこんな感じです。

キーボードの右上と左上にある折りたたみできる台で角度をつけることも可能です

パームレフトをつけるとこんな感じです。

こちらの方が見た目的にも機能的にもグッド👍です。

性能面での特徴

性能面での特徴

  • フルキーロールオーバーと、アンチゴーストテクノロジー
  • 1.2mmのアクチュエーションポイント
  • 作動速度は標準的な Cherry MX Red よりも 40% も速い

上記を深堀していきます。

フルキーロールオーバーと、アンチゴーストテクノロジー

フルキーロールオーバーと、アンチゴーストテクノロジーにより、ゲーム中にどれほど高速なストロークアクションを行っても、RAPIDFIRE がすべての打鍵を常に正確に認識します。

この機能がないと快適にゲームができないですよね。

1.2mmのクチュエーションポイント

短いアクチュエーションポイントはゲームをするうえでかなり重要ですよね。

僕はこの1.2mmのアクチュエーションポイントが快適すぎて普通のキーボードが使えなくなりました。

作動速度は標準的な Cherry MX Red よりも 40% も速い

この機能はとにかくすごいですよね。特にFPSなどでは。

この機能と先ほどの1.2mmのクチュエーションポイントのおかげでデバイスだけでもゲームでかなり優位なのではないでしょうか。

CORSAIRデバイス専用ソフト「iCUE」での設定について

まずは「iCUE」をダウンロードしましょう。

上記のリンクをクリックすると下記のようなページが表示されます。

「今すぐダウンロード」を押すとダウンロードができます。

起動してみるとこんな感じです。

デバイス欄にK65が認識されているのでクリックして設定画面を開きましょう。

左側にあるアクション、照明効果、パフォーマンスで各々設定ができます。

主に使用されるのは照明効果でしょうか。

アクションでは主にマクロなどの設定が可能です。

照明効果を開くとこんな感じです。

カラーウェーブの右にあるタブを開くと光り方を変更できます。

パフォーマンスではWindowsキーを使用した場合に無効化するキーを設定できます。

上の欄の設定をクリックすると更新だったりポーリングレートなどの設定が可能です。

説明書にはiCUEの操作方法が記載されてはいませんが割と直感的に操作が可能だと思います。

CORSEIR K65の使用感レビュー、感想

まずキーボードで一番重要なキースイッチですが個人的に今までで一番良かったです。

軸としては赤軸に近い感じでしたがCORSEIR K65の銀軸の方が押し込み若干強めなのと音が赤軸の次くらいに静かなのが良かった点です。

また1.2mmのクチュエーションポイントと高速な作動速度が魅力的でした。

主にFPSでキーボードを使用するのでこの機能のおかげでキャラクターコントロールがかなり楽になったし上手くもなりました。

またテンキーレスなのでマウスがキーボードにあたることもなくなりましたし、肩を広げなくても済むのでかなり楽になりました。

もしテンキーレスでゲーム用にキーボードを探している方がいればぜひCORSEIR K65をチェックしていただきたいです。