【Logicool G304 レビュー】コスパ最強のワイヤレスゲーミングマウス【軽量化も解説】

こんにちは、もるがなです。

 

マウスには無線マウスと有線マウスがありますが皆さんはどちらが好きですか?

 

一昔前は「無線マウスなんて遅延がひどすぎて使えない」と言われていましたが、今はむしろ下手な有線より無線の方が遅延がないです。

 

実際僕も初めて無線マウスを買うときは少し躊躇しましたが届いて使用したときはすごすぎて惚れました。

 

もう有線なんて使えねぇ~って感じでした。

 

そんな僕が今回はLogicool の無線マウスを紹介していきます。

 

Logicool G304のスペックや大きさ、付属品について

重量 99g
ボタンの数 6個
通信方法 無線のみ
解像度DPI 200-12,000DPI

付属品について

  1. マウス本体
  2. レシーバー延長ケーブル
  3. USBレシーバー
  4. 電池

 

 

お尻の方にあるカバーを外し電池を入れます。

 

 

電池を入れた後はレシーバーをPCに接続します。

 

マウス本体のカバーを外しマウスの左下のあたりにレシーバーがあるのでこれをPCに接続すれば使用できます。

 

Logicool G304をもっと軽く(軽量化)できる道具について

 

G304は重量が99gと言われていますが実際に計測したら97gでした。まあ誤差ですが。

 

ここからあるものを使うとさらにG304を軽量化できます。

 

何を使うかというと、「電池スペーサー」です。

 

G304は電力供給減が電池ですよね。普通なら単3電池を使わなければいけないのですが電池スペーサーを使うことにより単4電池でもG304が使用できます。

 

 

単4電池を単3電池の大きさに変えられるものです。

 

これでG304をわずかながら軽量化できます。

 

 

97gから89gなので8gの軽量化ですね。

 

わずか8gでも結構変わるので気になる方は試してみてください。

 

性能面での特徴

 

性能面での特徴

  • LIGHTSPEEDテクノロジー搭載
  • HERO16Kセンサー搭載

 

上記を深堀していきます。

 

LIGHTSPEEDテクノロジー

 

G304はこのLIGHTSPEEDテクノロジーが搭載されているおかげで有線マウスに引けを取らない応答速度が実現しています。

 

無線だけど遅延がないってことか…。最高ですね。

 

HERO16Kセンサー

 

G304はHERO16Kセンサー搭載で精度や反応性はもちろんの事、今までと比べて最大10倍の電力効率を実現しています。

 

G304は電力供給減が電池なので最大10倍の電力効率は嬉しいですよね。

 

MouseTesterでのセンサーチェック

 

MouseTesterでのセンサーチェックの画像です。

 

MouseTesterとは青い線に青い丸がしっかり乗っていればいるほど高性能なセンサーというのが調べられるソフトウェアです。

 

赤丸で囲んだ部分が若干ちらついていますがこれは最高速度を表しているだけなので大丈夫です。参照はこちら

 

これを見れば「HERO16Kセンサー」がいかに高性能かわかりますね。

 

Logicool G304の大きさ

 

G304の大きさは、縦11.6cm、横6.2cm、高さ3.8cmです。

 

マウスとしては結構小さめです。

 

かぶせ持ち、つかみ持ち、つまみ持ちを握ってみました。

 

僕は結構手が小さめで、手首から指先まで17cmです。

 

かぶせ持ち

マウス自体が小さめなので僕でも握りやすかったです。

 

つかみ持ち

形状的にかなり握りやすいです。

 

つまみ持ち

マウスのお尻部分が出っ張っていない形なのでかなり握りやすいです。

 

しかし奥のサイドボタンがちょっと押しずらかったのが難点です。

 

Logicool G304の設定について

 

G304を色々設定するには専用のソフトウェアが必要です。

 

Logicoolの公式」からダウンロードできます。

 

僕は「Logicool ソフトウェア 9,00」を使っていますが「G HUB」でも設定できます。

 

起動してみるとこんな感じです。

 

 

マウスのDPIを変えることもできますし

 

 

ボタン割り当てやマクロなどの細かいものまで設定できます。

 

またライティングに対応しているマウスは自分の好みの光らせ方も設定できます。

 

Logicool G304の使用感レビュー

 

Logicool G304の使用感についてレビューしていきます。

 

G304を使用して最初に思ったことは

 

ワイヤレス快適すぎて控えめに言って最高。でした。

 

です。コードがないだけでこんなにも変わるのかとびっくりしました。

 

もう有線にはもどれない…そのレベルでした。

 

この記事の冒頭でも言いましたが遅延に関してですね。

 

遅延のやはり全く感じられず超快適でした。

 

もう有線を使うメリットが見当たらないくらい無線が快適なのが今回でわかりました。

 

またマウスの重量に関しても電池スペーサーを使っての89gですがコードがないことによりコードの遠心力?的なものがなくなりさらに軽く感じられるんですよね。

 

無線マウスが高評価すぎて僕はこれからずっと無線マウスをリピートしていくことになるでしょう。

 

 

Logicool G304 レビュー:まとめ

 

今回は「【Logicool G304 レビュー】コスパ最強のワイヤレスゲーミングマウス【軽量化も解説】」について書きました。

 

今回の記事でコスパ最強なのが伝わったのではないでしょうか。

 

しかし結局は自分に合ったマウスが一番いいのでしっかり自分に合ったマウスを探しましょう。

 

参考白色のおすすめゲーミングマウスを紹介【まとめ】

参考Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングマウスを紹介【まとめ】