【2020年最新】Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングキーボードを紹介【まとめ】

こんにちは、もるがなです。今回は…

 

ゲーミングキーボードを買いたいけど初心者だから何を買ったらいいかわからない。

 

Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングキーボードを知りたい。

 

上記のような疑問について話していきます。

 

ゲーミングデバイスを発売しているメーカーは大中小すべて合わせるとかなりの数があります。

 

もちろん中小メーカーのデバイスも優秀なものがありますが大企業の方が何かと安心ですよね。

 

そこでまず僕がおすすめしているメーカーを紹介しておこうかと思います。

 

おすすめしているメーカー

  • Logicool(ロジクール)
  • Razer(レイザー)
  • SteelSeries(スティールシリーズ)
  • Xtrfy(エクストリファイ)
  • BenQ(ベンキュー)

 

上記の5メーカーが僕のおすすめしているメーカーです。

 

また今回紹介するLogicool(ロジクール)について簡単に説明すると

 

株式会社ロジクール(英: Logicool Co Ltd.)は、コンピュータ周辺機器をはじめ、ゲーミング、ミュージック、ビデオなどの分野におけるデジタルデバイスの開発を行うLogitech International S.A.(SIX: LOGN, NASDAQ: LOGI)の日本法人である。同社の製品を日本においてはLogicoolブランドで販売している。

出典:wikipedia

 

となっています。

 

海外はもちろん日本でもかなりの人気を誇っているメーカーです。

 

このブログを始める前からもたくさんのキーボードを実際に使用し試してきたので今回はその経験を活かしおすすめのLogicool(ロジクール)のキーボードを紹介していきます。

 

Logicool(ロジクール)のゲーミングキーボードのおすすめを紹介

 

それでは紹介していきます。

 

Logicool G Pro X G-PKB-002

 

値段 12,327円(2020/03/18 Amazon)
GX BLUEクリッキー スイッチ
アクチュエーションポイント 2.0mm

Logicool G Pro Xの特徴

  • 入れ替え可能なプロレベルのスイッチ
  • コンパクトなテンキーレス デザイン
  • 滑り止めのラバーフィートと角度調整
  • 12個のプログラム可能なFキーマクロ
  • オンボード メモリ

 

Logicool G Pro X G-PKB-002の大きな特徴はキースイッチの取り外しが可能なところです。

 

GX BLUEクリッキー スイッチ(青軸)が内蔵ですが別売りでGX BROWNタクタイル スイッチ(茶軸)、GX REDリニア スイッチ(赤軸)を購入することができます。

 

 

ちなみに軸ごとに特徴が違うので自分に合ったキースイッチを見つけてください。

 

Logicool G613

 

値段 9,799円(2020/03/18 Amazon)
Romer-G スイッチ タクタイル
アクチュエーションポイント 1.5mm

Logicool G613の特徴

  • マルチホスト対応
  • LIGHTSPEED ワイヤレステクノロジー
  • ワイヤレスキーボード
  • 一体型パームレスト
  • 高度なROMER-G メカニカル スイッチ
  • 高い電力効率
  • プログラム可能な6個のGキー
  • スマートフォン スタンド

 

個人的に良いと思ったところはワイヤレス、LIGHTSPEED ワイヤレステクノロジー、一体型パームレストの3点です。

 

LIGHTSPEED ワイヤレステクノロジーは1msのレポートレートと、一切の遅延を許さない最適化されたワイヤレス接続性を実現しています。

 

パームレフトも付いているので手首の疲れは軽減されます。

 

パームレフトあるのとないのじゃかなり違いますからね。

 

またゲーミングキーボードではめずらしいワイヤレスとなっています。

 

同じLogicoolにG913というG613より高性能なワイヤレスキーボードがありますがそちらは27,000円ほどする高価なものなのであまりお勧めはしません。

 

 

Logicool G213

 

値段 6,309円(2020/03/18 Amazon)
キースイッチ メンブレン

Logicool G213の特徴

  • パフォーマンスチューニングされたキー
  • 高耐水性と高耐久性
  • パームレストと角度調節可能なレッグ
  • 専用のメディアコントロール
  • アンチゴースティング ゲーミング マトリックス

 

 

Logicool G213の特徴は上記の性能で6,309円と高コスパなところです。

 

キーは非常に素早く、高いレスポンスを目指してチューニングされているので一般的なキーボードのキーと比較して最大4倍の入力スピードを実現しています。

 

耐久性と耐水性にも申し分なくアンチゴースティングにも対応しているので複数のキーを同時に押した際も、意図したとおりのキー入力が可能です。

 

ゲーミングキーボードに必要な機能が十分にそろっています。

 

Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングキーボードを紹介:まとめ

 

今回は「Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングキーボードを紹介」ということでLogicool(ロジクール)のおすすめゲーミングキーボードを紹介しました。

 

Logicoolは日本のみならず海外でもかなりの人気があるゲームデバイスメーカーです。まあ元は海外の会社だからですが。

 

僕もLogicoolはデバイスメーカーで一番好きなのでとてもおすすめです。

 

よくわからないメーカーのものを買うよりは絶対Logicoolで買う方が良いね。

 

安物買いの銭失いにならないように注意して快適なゲームライフを!!!

 

参考【2020年最新】高速入力に特化した銀軸ゲーミングキーボードのおすすめを紹介【まとめ】

参考【2020年最新】Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングマウスを紹介【まとめ】