【2020年最新】Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングマウスを紹介【まとめ】

こんにちは、もるがなです。今回は…

 

ゲーミングマウスを買いたいけど初心者だから何を買ったらいいかわからない

 

ロジクールのおすすめゲーミングマウスを知りたい

 

できれば無線と有線でわけて知りたい

 

上記のような疑問について話していきます。

 

まず何もわからないデバイス初心者の方はどんなメーカーのものが良いのかすらわからないかもしれないので今回はそこから紹介します。

 

僕がおすすめしているメーカーは下記の5社です。

 

  • Logicool(ロジクール)
  • Razer(レイザー)
  • SteelSeries(スティールシリーズ)
  • Xtrfy(エクストリファイ)
  • BenQ(ベンキュー)

 

また今回紹介するLogicoolについて簡単に説明すると

 

株式会社ロジクール(英: Logicool Co Ltd.)は、コンピュータ周辺機器をはじめ、ゲーミング、ミュージック、ビデオなどの分野におけるデジタルデバイスの開発を行うLogitech International S.A.(SIX: LOGN, NASDAQ: LOGI)の日本法人である。同社の製品を日本においてはLogicoolブランドで販売している。

出典:wikipedia

 

となっています。かなり大きな会社で歴史もあります。

 

先ほど紹介した5社の中でも僕は一番Logicoolが好きだよ。

 

このブログを始める前からもたくさんのマウスを実際に使用し試してきたので今回はその経験を活かしおすすめのLogicoolのマウスを紹介していきます。

 

Logicool(ロジクール)の無線(ワイヤレス)ゲーミングマウスのおすすめを紹介

 

それでは紹介していきます。

 

参考遅延がないワイヤレス(無線)ゲーミングマウスを紹介【まとめ】

 

Logicool G Pro Wireless

値段 15,300円(2020/03/03 Amazon)
重量 80g
ボタンの数 最大8個
通信方法 無線、有線両方可
Logicool G Pro Wirelessの特徴

  • 80gの軽量設計
  • LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー
  • 高パフォーマンスHERO16Kセンサー
  • ワイヤレス
  • 左右対称

 

G Pro Wirelessの特徴と言ったらなんといってもその重量です。ワイヤレスなのに80gですよ。

 

形は左右対称で手の小さい自分でもとても持ちやすく、左右にあるサイドボタンはそれぞれ取り外しが可能で、サイドボタンの数を0~4個からカスタマイズすることも可能です。

 

サイドボタンを取り外しできるのはとても便利ですよね。

 

しかも、G Pro Wirelessはバッテリー内臓なので付属の有線ケーブルに繋いでおけば有線マウスとしても使えるしバッテリーも充電できます。

 

参考【Logicool G Pro Wireless レビュー】80gの軽量設計・左右対称ワイヤレスゲーミングマウス

 

また別売になりますが、Logicool独自のワイヤレスマウス充電システム『POWERPLAY』に対応しているため、お金は掛かりますが揃えてしまえばかなり快適なゲーム環境を整えることが可能です。

 

 

Logicool G304

値段 4,273円(2020/03/03 Amazon)
重量 99g
ボタンの数 6個
通信方法 無線のみ
Logicool G304の特徴

  • LIGHTSPEED ワイヤレステクノロジー
  • HERO16Kセンサー
  • 単三形乾電池わずか1本で最⼤250時間連続のゲームプレイが可能
  • 電池スペーサーを使えばさらに軽量ができる

 

G304の大きな特徴は値段が安いというところです。ワイヤレスゲーミングマウスで5000円以下は割とコスパ最強なんじゃないかなと思います。

 

しかし安いのにも理由がありG304はバッテリー内臓ではないのでマウス本体に単4電池を入れなくてはならないのと完全に無線のみになっています。

 

形は左右対称で割と小さめのマウスなので手が大きい人はあまり向かないと思います。クリックは固め、深めでホイールも固めよりです。

 

ちなみに黒色のG304もあるので好みによってどうぞ。

 

参考【Logicool G304 レビュー】コスパ最強のワイヤレスゲーミングマウス【軽量化も解説】

 

またg304のような電池内蔵型は単4電池を単3電池に変換できるスペーサーを使うことでさらに軽量化できます。

 

 

Logicool G502WL

値段 13,927円(2020/03/03 Amazon)
重量 114g
ボタンの数 11個
通信方法 無線、有線両方可
Logicool G502WLの特徴

  • LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー
  • HERO16Kセンサー
  • POWERPLAYワイヤレス充電対応
  • 調整可能なウェイトシステム
  • プログラム可能な11個のボタン

 

G502WLは多ボタンワイヤレスマウスで有名ですが他にも特徴があります。高性能なセンサー、HERO 16Kセンサーです。

 

このセンサーの何がすごいかというと過去最高性能を実現しつつ、突き抜けたバッテリー駆動時間を実現しているところです。

 

バッテリー駆動時間は、通常時(ライティングオン)で48時間ライティングオフで60時間となっています。

 

多ボタンなのもG502WLの強みですが、HERO 16Kセンサーも魅力的ですよね。

 

ちなみにこのマウスもPOWERPLAYワイヤレス充電システム対応となっています。

 

Logicool(ロジクール)の有線ゲーミングマウスのおすすめを紹介

 

それでは紹介していきます。

 

参考信号と動作が安定の有線ゲーミングマウスを紹介【まとめ】

 

Logicool G403h

値段 4,900円(2020/03/03 Amazon)
重量 87g
ボタンの数 6個
通信方法 有線
Logicool G403hの特徴

  • HERO16Kセンサー
  • 最高の快適性&品質
  • 高度なゲーミング パフォーマンス

 

G403hは右手用マウスとなっており実際握ってみるとがっちり握れたのでかぶせ持ちに最適です。

 

G703h同様マウスのサイドがグリップになっていますのでかなり握りやすくなっています。

 

センサーも「HERO 16Kセンサー」搭載で高性能です。

 

また、G403hは10gの取り外し可能なウェイトが装備されているのも魅力です。

 

これにより少し重めがいいなという方でも安心です。

 

参考【Logicool G403h レビュー】旧モデルG403からアップグレードされた新モデル有線マウス

 

Logicool G Pro

値段 5,373円(2020/03/03 Amazon)
重量 83g
ボタンの数 6個
通信方法 有線
Logicool G Proの特徴

  • HEROセンサー
  • 金属バネのボタン テンショニングシステム
  • 快適性と耐久性

 

こちらはG Proの有線タイプで形は違いますがG Pro同様つまみ持ち、つかみ持ちに最適となっています。

 

形状は左右対称になっておりマウス自体も小さめです。

 

重量も83gと軽めですね。こちらのG Proも「HERO 16K センサー」を使用しているので高性能となっていますね。

 

こちらも約5,000円とコスパが良いですね。

 

Logicool G502h

値段 9,373円(2020/03/03 Amazon)
重量 121g
ボタンの数 11個
通信方法 有線
Logicool G502hの特徴

  • HERO 16Kセンサー
  • プログラム可能な11個のボタン
  • 調整可能なウェイトとバランス

 

G502hは合計11個のボタンがある多ボタンマウスです。大きさ的には大きめのマウスなのでかぶせ持ちが最適です。

 

G502hは121gと結構重めなマウスですがさらに3.6gの重りを最大5個付属できます。

 

また付属する場所によってマウスの重心も変えられるのも魅力です。

 

自分好みにカスタマイズするのが楽しくなるやつだ…。

 

Logicool(ロジクール)のおすすめゲーミングマウスを紹介:まとめ

 

今回はLogicool(ロジクール)のおすすめゲーミングマウスを紹介しました。

 

デバイス初心者の方に向けて書いた記事ですがおすすめのデバイスメーカーをもう一度まとめておきます。

 

  • Logicool(ロジクール)
  • Razer(レイザー)
  • SteelSeries(スティールシリーズ)
  • Xtrfy(エクストリファイ)
  • BenQ(ベンキュー)

 

上記の5社の中で自分に合ったマウスを選び快適なゲームライフを送ってください。

 

参考自分に適したゲーミングマウスの選び方・おすすめマウスも紹介

参考【2020年最新】価格が安めでコスパのいいゲーミングマウスを紹介【まとめ】