【MSI Vigor GK70 レビュー】MSIの銀軸テンキーレスキーボード

こんにちは、もるがなです。

 

テンキーレスで銀軸の【MSI Vigor GK70】を友達から借りたのでレビューしていきます。

 

同じ銀軸で有名なのが【CORSEIR K65】ですがそちらの詳細を知りたい方は下記をどうぞ。

 

参考【CORSAIR K65 銀軸 レビュー】銀軸でゲームに最適なゲーミングキーボード

 

【MSI Vigor GK70】をこれから詳細にレビューしていくのですが、感想を最初にまとめると

 

  • アクチュエーションポイントが浅いからゲームで有利
  • キーの反応速度が速い
  • 個人的に赤軸並みに静か
  • テンキーレスが快適

 

という感じでした。

 

【CORSEIR K65】と使用感はとても似ていました。

 

それでは【MSI Vigor GK70】を詳細にレビューしていきます。

 

【MSI Vigor GK70】のスペックや付属品、外観について

テンキー
キースイッチ Cherry MX Speed(銀軸)
キー荷重 45g
アクチュエーションポイント 1.2mm
キーストローク耐久 5,000万回
機能 アンチゴースト機能:対応

Nキーロールオーバー機能:対応

マクロ機能:全キー対応(ハードウェア)

【MSI Vigor GK70】の付属品について

  1. キーボード本体
  2. USBケーブル
  3. 説明書
  4. 替えのキーキャップ

 

※一部付属品が不足しています。(替えのキーキャップ 1つ、キーキャップを取り外す道具 1つ)

 

 

滑りづらく加工してあるものや銀色に塗装してあるキーキャップが付属しています。

 

【MSI Vigor GK70】の外観について

 

実際に光らせてみました。光り方は自由にカスタムできます。

 

 

裏面はこんな感じです。MSIのロゴがとてもかっこいいですね。

 

 

キーボードの右上と左上にある折りたたみできる台で角度をつけることも可能です。

 

【MSI Vigor GK70】の性能面での特徴について

 

【MSI Vigor GK70】の特徴

  • Nキーロールオーバー
  • 1.2mmのアクチュエーションポイント
  • 作動速度は標準的な Cherry MX Red よりも 40% も速い

 

上記を深堀していきます。

 

①Nキーロールオーバー

 

【MSI Vigor GK70】は複数キー同時押しが可能となっています。

 

Nキーロールオーバーはゲーミングキーボードにはほしい機能ですよね。

 

②1.2mmのアクチュエーションポイント

 

短いアクチュエーションポイントはゲームをするうえでかなり重要ですよね。

 

僕はこの1.2mmのアクチュエーションポイントが快適すぎて普通のキーボードが使えなくなりました。

 

③作動速度は標準的な Cherry MX Red よりも 40% も速い

 

この機能はとにかくすごいですよね。特にFPSなどでは。

 

この機能と先ほどの1.2mmのクチュエーションポイントのおかげでデバイスだけでもゲームでかなり優位なのではないでしょうか。

 

ゲームするのにこのキーボードだけでかなり優位になります。

 

【MSI Vigor GK70】の使用感レビュー、感想

 

 

まずはキースイッチについてですが【CORSEIR K65】同様かなりの好印象でした。

 

軸としては赤軸に近い感じでしたが銀軸の方が押し込みが若干強めなのと音が赤軸の次くらいに静かなのが良かった点です。

 

上記の点の静音性はゲームにとても向いてると思いますし個人的にも静かな方が好きなので良いと思いました。

 

また性能面では1.2mmのクチュエーションポイントと高速な作動速度が魅力的だと思いました。

 

個人的にキーボードは主にFPSで使用しているので上記の機能のおかげでキャラクターコントロールがかなり楽になったし上手くもなったと感じました。

 

またテンキーレスなのでマウスがキーボードにあたることもなくなりましたし、肩を広げなくても済むのでかなり楽になりました。

 

もしテンキーレスでゲーム用にキーボードを探している方がいればぜひ【MSI Vigor GK70】をチェックしていただきたいです。