【Xtrfy M4 レビュー】69gの軽量設計・右手用有線ゲーミングマウス

こんにちは、もるがなです。

 

ゲーミングデバイスを販売しているメーカーは様々なメーカーがありますよね。

 

その中でも有名なのは、LogicoolやRazer、Steelseriesなどでしょうか。個人的にはXtrfyやBenQのマウスも大好きです!

 

XtrfyやBenQのマウスはコアなゲーマーならよく知っているメーカーだと思いますがかなり優秀ですよね。

 

今回紹介するXtrfy M4は11月15日に発売されて間もない商品です。

 

M4の発売日、僕のTwitterのゲーム垢はゲーム猛者たちがM4の話題でつきっきりでした。

 

ちなみにAmazonでは11月16日AM10時の時点では在庫なしの人気マウスです。

 

ここまで人気だとは思いませんでした。

 

それではXtrfyのゲーミングマウス M4のレビューをしていこうと思います。

 

Xtrfy M4のスペックや付属品、外観や大きさについて

重量 69g
ボタンの数 6個
通信方法 有線
形状 右手用
サイズ 120mm(縦) x 56mm~68mm(横) x 39mm(高さ)
DPI 400/800/1200/1600/3200/4000/7200/16000DPIの調整が可能
ポーリングレート 125/500/1000Hzの調整が可能
センサー Pixart 3389センサー
リフトオブディスタンス 設定✖

Xtrfy m4の付属品について

  1. マウス本体
  2. キーキャップ
  3. マウスソール
  4. Xtrfyのシール
  5. 説明書

 

 

個人的にXtrfyのロゴとGGの文字キーキャップが付属していたのがうれしいです。

 

またマウス自体のカラーによって、キーキャップの色も違うらしいです。

 

Xtrfy M4の外観

 

真上から見るとこんな感じです。右手用デザインになっています。

 

 

サイドボタンは右サイドに2つ。奥のボタンは手の小さい僕でも簡単に押すことができます。

 

 

マウスホイールは凹凸がついていて軽めなのでとても回しやすかったです。

 

 

裏面は4隅にマウスソールがあるのとDPI調整ボタンとポーリングレート調整ボタンがあります。

 

Xtrfy M4の性能面での特徴

 

Xtrfy M4の性能面での特徴

  • 超軽量69g
  • 防塵、防滴構造
  • 右手用エルゴノミックデザイン
  • ドライバーインストール不要

 

上記を深堀していきます。

 

超軽量69g

 

この超軽量69gがこのマウスの一番の利点でしょう。

 

個人的にXtrfyのマウスはBenQのマウスなみに握りやすいです。

 

その握りやすさと軽さが合わさったM4はかなり快適に使用できます。

 

ローセンシで軽さを求めるならおすすめです。

 

防塵、防滴構造

 

M4は軽量化のために穴が開いてますが防塵構造になっているのでその点は安心ですね。

 

また飲み物をこぼしてしまったという場合も防滴構造のおかげで安心です。

 

右手用エルゴノミックデザイン

 

先ほども言いましたがXtrfyのマウスはとても握りやすくなっています。

 

握りやすさではかなりおすすめです。

 

ドライバーインストール不要

 

Xtrfyのゲーミングマウスはマウスの設定をするのにドライバー(専用のソフトウェア)が必要ありません。

 

マウスの裏面にDPI変更ボタンとポーリングレート変更ボタンがあります。

 

簡単に設定できるのはありがたいね。

 

Xtrfy M4の大きさについて

 

Xtrfy M4のサイズはこんな感じです。

 

中サイズなので手の小さな僕でも握りやすかったです。

 

Xtrfy M4の握り心地や触ってみての感想

 

実際に手が小さめの僕が握ってみました。ちなみに僕の手の大きさは17cmです。

 

かぶせ持ち

 

かぶせ持ちで実際に握ってみてフィット感はかなりありました。

 

マウスに空いている穴がいい感じにフィット感を出しているのと右手用の設計がかなりグッド👍でした。

 

つかみ持ち

 

個人的につかみ持ちが一番握りやすかったです。

 

右手用エルゴノミックデザインと先ほども言ったマウスに空いている穴のおかげでフィット感がグッド👍でした。

 

つまみ持ち

 

個人的に右手用マウスはつまみ持ちに適してないと思っています。

 

実際に握ってみても僕の手ではあまり合いませんでした。たぶん手の小さい方は合わないのかな?

 

個人的に思うXtrfyの最適な持ち方

 

個人的にはつかみ持ち>かぶせ持ち>つまみ持ち の順に持ちやすさ、というよりフィット感がありました。

 

調べた感じでは手の大きさで意見はかなり変わると思いますが僕の手の大きさではこの順でした。

 

Xtrfy M4 レビュー:まとめ

 

Xtrfy M4を実際に握ってみてた感想をまとめると下記のとおりです。

 

  • 69gの超軽量だから疲れにくい
  • つかみ持ちのフィット感がすごい
  • マウスに空いた穴がいい感じにフィットする

 

個人的にXtrfyのマウスは持ちやすい印象があって今回のM4もかなり持ちやすく何よりフィット感がすごかったです。

 

しかも今までにはない69gの超軽量。この点がローセンシの僕的のはかなり魅力的でした。

 

軽くて握りやすいマウスを求めている方にはかなりおすすめできるゲーミングマウスとなっています。

 

 

参考【Logicool G703h レビュー】旧モデルG703dからアップグレードされた新モデルワイヤレスマウス

参考【Logicool G403h レビュー】旧モデルG403からアップグレードされた新モデル有線マウス